社交ダンス

社交ダンスの衣装はいろいろな種類があります

社交ダンスといえば、パッと思い浮かぶのは華やかなロングドレスが多いと思います。しかし毎日あのようなきらびやかなドレスを着るわけではありません。普段のレッスンでは、インストラクターも生徒も軽くて動きやすい服装をしています。ただあまりカジュアルではなく、社交ダンスらしいややフォーマルな雰囲気ではあります。発表会などの場では、男性は正装である燕尾服やタキシード、女性はドレスを着用します。ドレスと一口にいっても、踊るダンスの種類によって形もさまざまあるのです。ワルツやタンゴなどのスタンダード種目の時にはロングのドレスとなります。ダンス向けに作られた衣装はどんなに激しく動いても形が崩れることなく、突っ張ったりほつれたりしないのです。長い裾も踊りを妨げないように計算されているのです。一方チャチャチャやルンバのようなラテンアメリカン種目の時には、ミニスカートタイプのものやスリットが入った衣装を着用します。社交ダンスの衣装にはその種目の特性を表現するといった役割もあるのです。

社交ダンスの魅力は綺麗なドレスを着られることです

社交ダンスは今、子供から高齢者まで幅広い年齢層に人気のある趣味です。特に女性に愛好家が多いのですが、他のジャンルのダンスとは一線を画する違いがあるのはドレスを着られることではないでしょうか。もともと社交ダンスとは、ヨーロッパの貴族が社交の場で踊っていたものでイギリス発祥のダンスと言われています。男性は正装である燕尾服、そして女性はロング丈のイブニングドレスを着るのが慣わしでした。今でも社交ダンスの競技会や、発表会など正式な場面では着用することになっています。ただのロングドレスと違い、踊りやすいように身体にピッタリと合わせて作られているものですから、激しく動いても形が崩れてしまうことなく、ほつれたりもしません。そして照明が当たって光るように計算されてダイヤストーンをたくさん散りばめ、大変ゴージャスなのです。日常生活を一瞬忘れさせてくれるような夢のような衣装を身にまとうことは、社交ダンスならではの魅力であります。そういえば私の知り合いが発表会でかなり奇抜なドレスをまとっていたのですが、あんなのどこで売っているのかが一番きになりました。キャバドレス通販オススメランキング|安くて質がいいドレスはココ|とかで買ってるのかなぁ?

社交ダンスで人気のあるルンバの踊り方

最近ブームが広がっている社交ダンスには、いろいろな種目があります。それぞれの種類のダンスには音楽や踊り方の特性があります。中でも、自由な表現がしやすいラテンアメリカンダンスのうち、断トツで人気が高いのがルンバと言えます。ルンバは南米のキューバ発祥の大変情熱的なダンスです。その踊り方は、昔キューバの地で奴隷が足を鎖で繋がれていた名残として、足を引きずって床を擦るように動かす独特のウォークをします。男性と女性が二人で組んで踊るのですが、そこに表現されるのは愛の葛藤なのです。若いフレッシュな恋ではなく、もう少し大人の男女が駆け引きをするような振り付けがあり、男性は強い男性像を、女性はセクシーな女性像を求められるダンスなのです。社交ダンスは二人で踊りますが、その二人の間のやりとりがドラマチックであることがルンバの魅力なのです。社交ダンスの数ある種目の中で、最もストーリー性が強いムードのあるダンスであると言えるでしょう。

社交ダンスのサンバはリオのカーニバルとは違います

最近子供から高齢者まで幅広く人気のある社交ダンスには、実はいろいろな種類のダンスが含まれています。男性と女性が二人で組んで踊ることはどの種目にも共通ですが、中でもラテンアメリカンダンスと呼ばれるものは、組み方が多様で両手で組んだり片手だけで組んだり、時には全く触れずに踊ることもあるのです。社交ダンスにおけるサンバも、その一つです。サンバといえばブラジルのリオのカーニバルが大変有名です。もともと南米発祥のダンスで社交ダンスのサンバもルーツは同じですが、社交ダンスはイギリスに渡り室内で踊れる形へと変化を遂げたのです。大きな違いは一人で踊るか、二人で組んで踊るかという点でしょう。二人で踊る場合はあらかじめ決められたステップを一緒に踏むので、自由気ままにはできません。それから音楽のテンポが、リオのカーニバルはとても速いのに対して社交ダンスの方はややゆっくりしています。これも、二人で動くということを考えると自然とそうなるでしょう。

社交ダンスでワルツが踊れるようになります。

最近ブームになっている社交ダンスには、実はいろいろな種目があります。誰でも一度はワルツやタンゴという言葉を耳にしたことがあると思いますが、どのようなダンスであるのかは、社交ダンスをきちんと習ってみなければ分かりにくいかもしれません。例えばワルツというのは、特徴としては3拍子の音楽に合わせて踊ることがあげられます。実は数ある音楽の中でも、3拍子の曲で踊るのはこの種目だけなのです。1,2,3,1,2,3のリズムに合わせて、右回転のステップや左回転のステップを組み合わせて動きます。基本的に、ワルツは本来、日本語で円舞と言われるように回転動作が中心のダンスなのです。音楽にのって動くと意外とスピード感があり、とても優雅でありながらスポーティな部分もあります。難しいのは、男性と女性が組んで一緒に踊りますので、二人の息が合わないとスムーズに回転ができないといった点でしょう。でもそこが社交ダンスの奥深い面白さでもあります。

社交ダンスのココをチェック!メニュー